のぼり旗について身に着けておくと役立つ知識

のぼり旗の意外と知られていない数え方

現在のぼり旗を扱っているお店では、一枚二枚と数えて売っているところが
ほとんどですが、正式な数え方としては、古くは一旒と書いて「いちりゅう」と数えていました。

風になびく

旒という字は、訓読みではふきながしと読むことから、のぼりに付いていた
風にたなびく飾りの短冊状の布や、風になびく旗自体を表しています。

平安時代の頃から丈の長い流れ旗で軍を誇示したり、戦国時代には
敵陣と味方の区別をするためにも、のぼり旗は使用されていました。
一瞬にして敵か味方かを判別するぐらい目立つものですので、
現在の広告としての役割りは大きいものです。

旒の字をふきながしと読むことから考えると、鯉のぼりにふきながしが
付いているのも納得ができます。
鯉のぼりも正式には一旒と数えます。

現在は文化財などで使用されているのぼり旗の数え方は、一流れと書いて「ひとながれ」と読みます。
のぼり旗は竿に通して使用することから一竿と書いて「ひとさお」でも間違いではありません。