のぼり旗について身に着けておくと役立つ知識

まとめ買いするデメリット

店頭で風を受けてはためいているのぼり旗は、馴染み深い光景のひとつです。
のぼり旗は遠くからでもよく目立ちますし、たとえ体が当たったとしても、怪我をすることはありません。

そのため、車からも歩行者からも、目にとまりやすい広告材として、広く活用されているのです。
同時に、のぼり旗は常に日差しや雨風を受けていますから、それだけ痛みやすいものともいえます。

いつまでも古くなったものを店頭においておくのもはばかられますから、消費財と割り切って、
定期的に交換することが肝心です。

しかし、いくら安いからといって、のぼり旗を安易にまとめ買いしてしまうと
意外なデメリットを被ることになります。

まとめ買いのデメリットとしてあげられるのは、使用できないのぼり旗を
大量に抱えてしまうことです。

一度に大量に購入するということは、当然ながら、まったく同じデザインのものが
届けられるということになります。

状況に応じて

しかし、扱う商品やサービスといったものは、状況に応じて変わるものです。
そうなったとき、のぼり旗に変更前の商品名などが記載されていれば、
まったく使うことができなくなります。

これでは、安く購入するというメリットを、不良在庫というデメリットが
上回ってしまう事態となるのです。

そのため、まとめ買いするときは、店名など、なるべく使いまわしやすい
デザインを発注するようにしましょう。

注文の際には、デメリットもよく検討して、賢いのぼり旗の導入を心がけましょう。